商用ホームページ作成ソフト探し方ガイド

HP作成ツールやHP作成ソフトを徹底調査!

ホームページ作成ソフトやツールを比較!

ホームページの作成方法は3つ。制作会社へ発注する方法とホームページ作成ソフトやツールなどを用いて作成する方法、最初から最後まで自作する方法です。

プロに作成を依頼した場合、コストは掛かりますが早くホームページが完成します。最初から最後まで自作の場合は、コストは掛りませんがクオリティの高いものを作るとなると、完成までに半年以上かかります。

だからといってクオリティの低いものでは、企業の信頼性などにも関わってくるので、商用ホームページとなると一定の品質は必要でしょう。

最近では、それほどWEBに関する知識が無くてもプロが作成したようなホームページを作れるソフトやツールがあります。
そこでこのサイトでは「更新が簡単」「クオリティが高い」「低コスト」の3つのポイントでホームページ作成ソフトやツールを比較してみました。
プロ並みの商用ホームページの開設をご検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

ホームページ作成ツール・ソフト比較ランキングはコチラ

私が比較したHP作成ツール・ソフトについて

プロ並みの商用ホームページ作成するために私が調査したツールやソフトは以下の通り。
気になるツールがありましたら、ぜひチェックしてください。

オールインワンオフィス【総合ランキング 第1位】オールインワンオフィス
 
オールインワンオフィスは、システムの管理やレンタルサーバーの準備も不要なホームページ作成ツールです。
ほかにも、予約システムや共有SSLなどのサービスも無料。
このように無料で受けられるサービスの多い、オールインワンオフィスですが、使い勝手などはどうなのでしょうか?
公式サイトはこちら 詳しくはこちら
Jimdo ホームページ【総合ランキング 第2位】Jimdo ホームページ
 
レンタルサーバーサービスやドメイン取得サービスの株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが提供するホームページ作成ツール「Jimdo」。
これまで必要だった専門知識が必要なく、簡単な操作でホームページを編集できるそうですが、デメリットはあるのでしょうか?
公式ホームページ 詳しくはこちら
ブログdeホームページ【総合ランキング 第3位】ブログdeホームページ
 
ブログdeホームページは、akibare CMSの提供、コンサルティングサービス、WEB制作サービスなどを事業としている株式会社WEBマーケティング総合研究所が提供しているサービスです。
9割完成した状態のホームページを納品してくれるため、一から制作する手間が省けるようです。
このように完成に近い状態で納品するブログdeホームページですが、評判はどうなのでしょうか?
公式ホームページ 詳しくはこちら
DreamWeaverCS6【総合ランキング 第4位】DreamWeaverCS6
 
DreamWeaverCS6は、グラフィックなどといったWEB制作のためのソフトウェアを開発、販売するアメリカの企業、Adobe社が提供するソフトです。
どちかというと初心者というより、プロ仕様のソフトだと思っておくといいでしょう。
しっかりとしたWEB知識が必要なDreamWeaverCS6ですが、使い勝手などはどうなのでしょうか?
公式ホームページ 詳しくはこちら
グーペ【総合ランキング 第5位】グーペ
 
ホスティング事業、EC支援事業、コミュニティ事業を展開するGMOペパボ株式会社(旧:株式会社paperboy&co.)のホームページ作成ツール、グーペ。
ホームページ作成ソフトやFTPが無くても、WEBブラウザ上でホームページを簡単に作成したり、更新することができるようですがデメリットはあるのでしょうか?
公式ホームページ 詳しくはこちら

プロ並みのホームページ作成に必要な知識とは

ホームページを作るには次の知識が必要です。

  • ページ構成の知識(HTMLやスタイルシート、JavaScriptなど)
  • コンテンツ作成の知識(画像や動画、Flashなど)
  • SEO対策の知識(検索エンジンで見つけてもらう施策)
  • ホームページ周りの周辺知識(アクセス解析や広告宣伝・アフィリエイト、サーバーなど)

4つにスッキリまとまっていますが、技術寄りの専門的な知識です。
ホームページの作成途中に挫折したという方も、この知識につまづいてしまって…という方も多いことでしょう。

このサイトでは、ホームページを作るために知っておきたい基本的な知識を分かり易くまとめてみましたので、WEBページ作成でお困りの方はぜひお役立てください。

 【必要な知識・その1】 ページ構成の知識

ホームページを作成する際の基本的な要素といえば、HTMLとCSS(スタイルシート)です。
これをなくしてはWEB上で文章などを表示することができません。

その他、デザインを動的に変化させる付加機能や制作者や訪問者が更新したり、訪問者の要求に応じて毎回違ったページを表示させる機能などについての知識も必要。
WEBの知識をさらに深められるよう、例を交えながら紹介していきますので、ぜひ確認してください。

詳しくはこちら

 【必要な知識・その2】 コンテンツを作る知識

WEBページに掲載したい画像や動画などを作る技術があれば、テキストだけの場合よりも、表現の幅が広がります。

但し、画像をWEB上に掲載するためには適した加工が必要です。
画像編集ソフトでどんな作業ができるのか、動画編集ソフトの主な機能、Flashとはどのようなものか、ここでチェックしておきましょう。

詳しくはこちら

 【必要な知識・その3】 ページをより良くする知識

ホームページは作って終わりではありません。消費者が見やすくなるよう修正を加えたり、リピートしてもらえるような工夫をして、さらに改善することも大切です。

ホームページをより良くするためにはどんな知識が必要なのでしょうか?
一般的には、ユーザビリティやアクセシビリティの向上、検索エンジン最適化を重視しているようです。

詳しくはこちら

 【必要な知識・その4】 ホームページ周りの知識

ホームページを開設するには、その周りの技術などについての知識も必要になります。

例えば、ホームページのURL、サーバーなど…ホームページ周辺には様々な専門的な技術が使われています。
ホームページのアクセス数を向上させるためツールや、ホームページから広告による収入を得る方法についてもまとめていきますので、ぜひ確認してください。

詳しくはこちら