HP作成ツールやHP作成ソフトを徹底調査!

HOME » ホームページ作成ソフト・ツールを比較

ホームページ作成ソフト・ツールを比較

作成ツールやソフトを活用してホームページを開設する場合、システム選びはとても重要!
そこでここでは、「更新が簡単」「クオリティが高い」「低コスト」の3つのポイントでHP作成ツールやソフトを比較ランキングしました。
簡単!安い!という広告文句に惑わされないように、あらゆる角度から比較していますので、ぜひ参考にしてください。

ホームページ作成ツール&ソフト・総合ランキング!

総合ランキング 第1位
 
オールインワンオフィス
オールインワンオフィス
 
オールインワンオフィスの管理画面

 
無料トライアルを試す
更新性 CMSによって自由にホームページのコンテンツを作成・更新ができる。
クオリティ テンプレートとHTML編集が両方可能。自由自在にホームページを構築できる。
文字入力でFlashを利用したアニメーションロゴを自動作成。
コスト 【初期費用】30,000円(税抜)
【月額費用】5,000円(税抜)~
※契約期間によって料金が異なる。
サーバー
ドメイン
サーバーレンタル費用は無料。
共有SSLも無料。
機能性 ページ管理、プロモーション管理、会員管理、予約管理、メール管理、SEO対策、統計分析など、標準搭載されている機能が多い。
コメント システム管理やサーバーの準備も不要なオールインワンオフィス。
予約受付もできるほか、入力フォームも無料で設置可能です。このようなホームページ作成にあると嬉しい機能があらかじめ実装されている。
無料でシステムのアップグレードをし続けるため、常に最先端のシステムを使用できるのは、このツールだけ。
導入するコストは安い方ではないが、後々必要な機能を実装する可能性があるなら、オールインワンオフィスの方が断然安くあがる!
 
第2位 Jimdo
Jimdo
 
公式ホームページ
更新性 CMSによってコンテンツを作成・更新できる。
クオリティ 30種以上のテンプレートがあり、ビジネスにも適応。
但し、デザインレイアウトや機能拡張などにこだわるには限界がある。
コスト 【JimdoPro】10,800円(税抜)【年間費用】
【JimdoBusiness】27,600円(税抜)【年間費用】
サーバー
ドメイン
サーバーレンタル費用は無料。
独自ドメインも無料。
SSLは不明。
機能性 スライドショー、問い合わせ、お知らせ、マップ、フォト、ケータイ、メニュー、求人、カレンダー、予約管理、クーポンなど。
コメント オンラインショッピングサイトを考慮して作られたCMS型のソフト、Jimdo。
挿入するコストは安く、CMSで簡単にコンテンツを作成できるが、大幅なリニューアルをする場合、JimdoとHTML、CSS、デザインなどの専門的な知識が必要。
また、顧客を管理するタイプには不向きで、ホームページ上で提供するサービスによっては対応できない場合があるので注意。
ドイツで開発されたシステムをKDDIウェブコミュニケーションズが日本に導入したため、サポートに関してはメールのみの対応となる。
 
第3位 ブログdeホームページ
ブログdeホームページ
 
公式ホームページ
更新性 CMSによって自由にコンテンツを作成したり、更新したりできる。
クオリティ ヘッダー画像が用意されており、その中からアレンジしていくため、デザインの自由度が制限される。
コスト 【スピードパック】初期費用49,800円(税抜)、月額費用4,900円(税抜)
【おまかせパック】初期費用480,000円(税抜)、月額費用4,900円(税抜)
サーバー
ドメイン
サーバーレンタル費用は無料。
独自ドメインも無料。
SSLは不明。
機能性 問い合わせフォーム設置、マップ設置、モバイルサイト自動設定、教材、操作研修など。
コメント 9割完成したホームページを納品するブログdeホームページ。
CMSでブログのようにコンテンツを更新できる半面、完成されたデザインを改修するのは難しい。
また後から機能を追加することができないため、依頼のタイミングで実装する機能を確認しておく必要がある。
 
第4位 DreamWeaverCS6
DreamWeaverCS6
 
公式ホームページ
更新性 CWordPress、Joomla!、DrupalなどのCMSを使用したサイトも作成できれば、簡単にコンテンツを作成・更新できる。
クオリティ アニメーションを読み込み、動きのあるWebページを作成できる。HTMLコーディングが可能でどんなデザインでも構築できる。
コスト 【ダウンロード版】45,238円(税抜)
【パッケージ版】47,500円(税抜)
サーバー
ドメイン
サーバーレンタル費用…別途必要。
独自ドメイン取得費用…別途必要。
SSL証明書…別途必要。
機能性 HTML5とCSS3コードを生成、閉じタグの入力補正、メニューやフッターなど全ページの共通部分をテンプレート化可能、外部スタイルシートのCSS候補表示、スマートフォンアプリ開発など。
コメント グラフィックなどといったWEB制作のためのソフトウェアを開発、販売するアメリカの企業、Adobe社が提供するDreamWeaverCS6。
このソフトでホームページを制作するには、HTMLやCSS、SEOの知識を理解していることが前提。
知識さえあれば、あらゆる機能を兼ね備えたホームページを作成することができる。
 
第5位 グーペ
グーペ
 
公式ホームページ
更新性 CMSなので、更新が簡単。
クオリティ 10種類のテンプレートと20種類のレイアウト、20種類のカラーを組み合わせて飲食店と美容院などのデザインを作成。
HTMLやCSSの知識があるなら、フルカスタマイズが可能。
コスト 【通常プラン】初期費用3,000円(税抜)、月額費用1,000円(税抜)~
【DXプラン】初期費用3,000円(税抜)、月額費用3,000円(税抜)~
サーバー
ドメイン
サーバーレンタル費用は無料。
独自ドメインも無料。
SSLは不明。
機能性 飲食店や美容院などのお店専用なので、どの業界にも適した機能ではない。
コメント ホームページ上で予約を受け付けたい企業にオススメのツール。
CMSで簡単にページを更新したり、クーポンを発行できるのが特長。
但し、サーバーとのセットプランなのでサーバー移転は不可となる。