HP作成ツールやHP作成ソフトを徹底調査!

HOME » 失敗から学ぶ!企業用ホームページ作り方

失敗から学ぶ!企業用ホームページ作り方

失敗は成功の元というように、何をやるにも失敗談はつきもの。
ここではどうすれば企業用のホームページを失敗せずに制作できるか…、NG例をもとに解説していきます。

人の振り見てわが振り直せ!
納得のいくホームページを立ち上げる意味でも、失敗例から学ぶことは有益です。

 【失敗しました・その1】

ネットで見つけたかっこいいデザインと
同じようなホームページを作った!

ホームページを作成する側にしてみれば、「あー、かっこいいなぁ~!」と思って飛びつきたくなるデザインのサイトはとてもたくさんあります。

それを見本に、かっこいいデザインのホームページを制作したのに、なぜ失敗なのでしょうか?

詳しくはこちら

 【失敗しました・その2】

誰にでも好まれるような印象の
ホームページにした!

ターゲット層どころか、誰も来ないホームページになってしまった。
みんなに愛される…そんな印象サイトならたくさんの人に見てもらえそうだと思ったのに、なぜ失敗してしまったのでしょうか?
これは、WEBの特性を踏まえていないことから起こりうる問題です。
どんな特性なのか、例を交えて紹介していきます。

詳しくはこちら

 【失敗しました・その3】

ホームページを開設するのに、
制作会社に依頼。
向こうはプロだから口頭で
HPのイメージを伝えた。

なぜ制作会社にサイトのイメージを伝えて発注したのに、思った通りのホームページが納品されなかったのでしょうか?
これは、プロだからやってくれるだろう…と勝手に思い込んだのが原因。
修正にかかるコストアップは避けられないし、結果、妥協せざるをえなくなる可能性も…。
制作会社に発注する際はどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

詳しくはこちら

 【失敗しました・その4】

デザインをプロとしている制作会社に
ホームページ作成を丸投げした。

素晴らしいホームページができそうな印象ですが、なぜ失敗したのでしょうか?
これは、制作会社は制作のプロなだけということを見誤ったから。
普段から取引をしており、あなたと私はお互いの全てを知っている位の関係性なら、このような失敗はなかったかもしれません。
では満足のいくホームページを作成するなら、どうしたらいいのでしょうか?

詳しくはこちら

 【失敗しました・その5】

なるべく経費を抑えたい。
そんな考えからホームページ制作費を
値切って作ってもらった。

コスト削減は企業にとってよくあることです。
それを実行しただけなのに、失敗するとはどういうことでしょうか?
値切ることで失うものがいくつかあります。
ここでは、どんなリスクがあるのかをまとめましたので、ぜひご一読ください。

詳しくはこちら