HP作成ツールやHP作成ソフトを徹底調査!

HOME » 失敗から学ぶ!企業用ホームページ作り方 » 【失敗談5】制作費を値切った

【失敗談5】制作費を値切った

なるべく経費を抑えたい。

そんな考えからホームページ制作費を値切って作ってもらった。

コスト削減は企業にとってよくあることです。それを実行しただけなのに、失敗するとはどういうことでしょうか?

HP制作費を安くすることで、どんな失敗があるのか?

ホームページの制作費の相場が、
いくらなのか分からない場合に発生しやすい問題。

しかも、納品物はありますが、材料費もなく、料金の内訳となる裏側部分にどれだけのコストが掛っているか目に見えて分かりません。さらに制作会社によって料金設定もバラバラ。

「こちら側に知識が無いと思って料金を上乗せしているんだ」と、思ってしまうこともあります。そんなこともあり、値切れるだけ値切って依頼することに。
受ける方も仕事が欲しいため、値切られた価格で制作に回します。

この値切ってしまった代償は、
表に出ない部分の手抜きになる可能性があります。

例えば、値切られてしまった分、制作する側もベテランではなく、新人さんになる可能性もあるため、リンク先が間違っていたり、システムに不具合が生じたりする場合があります。

さらに、デザイナーのレベルも落ちることから、デザインもイマイチだったり、伝えたいことがうまく表現できていなかったりすることも…。

 

このご時世、安く上げたいのは分かりますが、品質の高いホームページを望むなら、あとについてくる結果を考慮するべきでしょう。

見た目が良さそうに見えるホームページも、こちらの意図に反するものであれば意味もないものを作成したも同然です。
値切ることで失うものは大きく、トラブルや訴訟にまで発展する可能性だってあります。

ホームページ制作費を値切るのではなく、
どんな機能が必要かを明確にする。

その機能を実装するには、どれくらいの費用が
妥当かを把握した上で、発注することが重要です。

【商用ホームページの制作相場】

会社の種類 個人事業主 WEB制作会社 マーケティング会社
費用相場 約10万~20万 約15万~30万 約25万~50万
メリット
デメリット
とにかく値段が安い。但し個人で動いているため、連絡が取れなかったり、納期が遅れる可能性がある。 WEBについての知識レベルが高い。しかしプロモーションに関する知識がないため、制作とプロモーションの一本化で依頼することが難しい。 プロモーションについての提案や企画立案を得意としているが、制作自体は外注なため、費用が高めとなる。

※10ページ程度のホームページ制作を依頼した場合