HP作成ツールやHP作成ソフトを徹底調査!

Jimdo ホームページ

jimdo ホームページレンタルサーバーサービスやドメイン取得サービスの株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが提供するホームページ作成ツール「Jimdo」。

これまで必要だった専門知識が必要なく、簡単な操作でホームページを編集できるそうです。

このように簡単そうに利用できるjimdoのホームページ作成ツールですが、使い勝手などはどうなのでしょうか?

おすすめポイントやデメリット、jimdoを利用した方の評判について調べてみました。

 

ここがオススメ!Jimdoホームページツール

120種類以上のテンプレートが用意され、ビジネスにも適応できる。

Business版ならサーバー容量無制限で作りたいだけページを作成できる。

SEO施策としてキーワード設定、ALTキー、ページタイトル設定が可能。

業界最大手のKDDIウェブコミュニケーションズのサポートが受けられる。

設定の必要なく、自動でスマートフォンサイトを表示。

ネットショップもオープンできる。

jimdoはオンラインショッピングサイトを考慮して作られたCMS型のソフト。
そのため、ホームページだけではなく、通販サイトを立ち上げるのも可能です。

デメリットをリサーチ

 HTMLデータの表示が思い通りにならない。

 デフォルトで文字の大きさが変更できない。

 改修の場合、JimdoとHTML、CSS、デザインの知識が必要。

 デザインレイアウトや機能拡張などにこだわるには限界がある。

 無料プランで180日間ログインしないとホームページが消去される。

簡単にホームページを作成することを前提に開発されているため、こだわりがある場合は対応できない可能性があります。
そのため、独自の動作をするホームページの開設を希望する方には、向かないサービスかもしれません。

口コミ評価は?

既存のサイトの作り替えで、ページ構成やコンテンツの準備はほとんどなく、10ページほどのサイトを作るのに2日もかからなかった。
素人の方なら、数日で作りこみが完成するでしょう。

WordPressなどと比べると機能的には劣りますが、通常のホームページを運営するには十分な機能が揃っています。
1年前より格段に使い勝手がよくなっています。

選択したテンプレートに対して、ヘッダーを変更したり、背景を変更したりと、ある程度できます。テンプレートをベースとする場合は、他のサイトと似たようなデザインになってしまいます。

WordPressは「やりたい」と思ったことのほとんどが出来るCMSです。Jimdoでできなかったこと、機能的に不満だったところを補えるということで、私個人的にはWordPressが、おすすめです。

Jimdoに関する口コミを探してみると、意外に少なかったです。まだ利用している人が少ないのかもしれませんね。
このサイトでは、利用者の評判が良かったホームページ作成ツール・ソフトを比較ランキングしています。プロ並みのホームページ作成をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ホームページ作成ツール・ソフト比較ランキングはコチラ

 

Jimdoの料金について

  Jimdo無料版 JimdoPro JimdoBusiness
月額料金 無料 年間10,800円(税抜)
(900円(税抜)/月)
年間27,600円(税抜)
(2,300円(税抜)/月)
独自ドメイン 1ドメイン 2ドメイン
メールアカウント 1メールアカウント 20メールアカウント
転送用
メールアドレス
3転送用メールアドレス 無制限
サポート 通常サポート 優先サポート 最優先サポート
サーバー容量 500MB 5GB 無制限
ショップ機能 5商品 15商品 無制限
広告非表示
メールマガジ
デザイン
レイアウト
Free・スペシャル
70種類以上
+Pro
25種以上
+Business
36種以上

企業情報

【会社名】株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
【所在地】東京都千代田区麹町3-6
【事業内容】インターネットサーバーの提供事業