HP作成ツールやHP作成ソフトを徹底調査!

HOME » ホームページ作成に必要な知識とは » ホームページ周りの知識

ホームページ周りの知識

ホームページを開設するには、その周りの技術などについての知識も必要になります。
例えば、ホームページのURL、サーバーなど…ホームページ周辺には様々な用語の技術が使われています。
そこでここでは、WEBサイト周辺に関する知識をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

サーバーとドメイン

サーバーとはホームページとワンセットの必需品。作ったホームページはパソコン上にあるのではなく、サーバー上にあります。
このサーバーを利用しているからこそ、いつでも複数の人が見られる環境にあるのです。
つまり、サーバーが無いとホームページを公開できません。

【サーバーを用意する方法】

  • ホームページ作成ソフトのサプライヤーが用意するサーバーを利用する
  • 自分でサーバーを持つ
  • サーバーをレンタルする業者から借りる

自分でサーバーを持つと容量に気兼ねなく使えますが、その分コストがかかります。逆にレンタル業者から借りると、容量の制限が発生します。
しかも、レンタル業者ごとに提供する内容や料金が異なりますので、必ず詳細を確認してから選ぶようにしましょう。
ちなみにレンタルする場合の料金目安が分かればと思い、代表的なレンタルサーバーの費用を以下にまとめましたので、参考にしてください。

レンタルサーバー名/運営会社名 初期費用 月額費用 ディスク容量
ヘテムル/株式会社paperboy&co. 3,950円 1,500円 150GB
クイッカ/株式会社エムフロ 2,000円 98円~ 1GB~
Bizホスティング/NTTコミュニケーションズ 1,000円 1,500円 150GB
エックスサーバー/エックスサーバー株式会社 3,150円 1,050円 100GB
ワダックス/GMOクラウドWEST株式会社 3,000円 1,995円 50GB
ロリポップ/株式会社paperboy&co. 1,575円 105円 2~30GB
さくらインターネット/さくらインターネット株式会社 1,000円 125円 1GB~

ドメインとは、WBBサイトのURLである「ホームページアドレス」のことで、.comや.net、.org、.bizなどのドメイン名があります。年に一度の更新費用を支払い継続して利用します。

商用ホームページを開設する場合、できることなら独自のドメインを取得しましょう。なぜなら、ドメインに企業名や商品名を使用することで、企業や商品を強くアピールすることができることはもちろん、サイトのURLも覚えられやすくなります。逆に商用ホームページなのに独自ドメインではないと、「信頼性に欠ける」という認識にとられるそうです。

アクセス解析

ホームページのアクセス数を向上させるため、どのページにアクセスがあり、どこのページにアクセスがないのか、どんな検索ワードでホームページに流入しているのか、どの検索サイトを使ってユーザーが訪れているのかなど、このような情報を把握することが重要です。

アクセス解析のツールは、無料で提供されるGoogle Analyticsからも確認できるのですが、あらかじめ設定が必要になります。
有料なら、AD EBiSというツールもあり、こちらはタグを設置する必要があります。
またHPを作成する際、ホームページ作成ツールなどを利用すれば、無料でアクセス解析の機能が付いている場合もありますので、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

広告宣伝・アフィリエイト

ホームページから広告による収入を得る方法が「アフィリエイト」というサービスです。
商品の広告を掲載したり、商品を紹介したりすることで、閲覧者が何らかの購入を行えば、額に応じた収入が得られます。
もし、ホームページで広告収入が得られるなら、ぜひ試してみましょう。