HP作成ツールやHP作成ソフトを徹底調査!

HOME » ホームページ作成に必要な知識とは » コンテンツを作る知識

コンテンツを作る知識

WEBページに掲載したい画像や動画などを作る技術があれば、テキストだけの場合よりも、表現の幅が広がります。
そこでここでは、WEB画像などに関する知識を紹介します。

画像素材、画像加工、動画編集

写真やイラストを掲載するには、WEBに適した画像となるようにサイズなどを加工します。
この場合、画像加工ができるソフトと加工テクニックが必要。

また、ネット上にはフリー素材というものがあります。
これは、イラストを無料で配布しているサイトのことで、使いたいイラストをダウンロードし、利用します。但し、フリーと書かれていますが、使用料が無料なだけであって、完全に自由に使用することは可能ではないので、ご注意を。

フリー素材のサイトへリンクを設置するなど、条件付きの場合もありますので、利用する場合は、必ずそのサイトの利用規約を確認するようにしてください。

ホームページで使用したい画像が決まったら、いよいよ加工をします。
画像編集ソフトで次の事ができます。

  • 写真を明るく、華やかに、くっきりとさせる
  • シミやしわなどを消す
  • 複数の画像を切り貼りして見たこともない世界を作る
  • 手書きの絵が描ける
  • 文字を使ってデザイン性のあるロゴが作れる
  • 写真を使って、手書きで描いたようなイラストも作れる

動画編集ソフトは、撮影した映像をパソコンに取り込んで、編集するソフト。
撮影した映像から使いたい映像を切り出すトリミングや場面転換、BGMなどの設定ができます。

【動画編集ソフトの主な機能】

  • キャプチャ…カメラに記録されている映像データをパソコンに取り込む作業。
  • カット編集…取り込んだ映像から必要な映像をトリミングし、その映像を再生する順番に並べること。
  • トランジションの設定…シーンとシーンが切り替わる場面に設定する特殊効果。
  • フィルタの設定…映像をモノクロにしたり、セピア色に設定する特殊効果。
  • タイトルの作成…タイトル、解説文など、文字を加えるための機能。
  • BGMの設定…BGMを設定したり、ナレーションを設定する機能。
  • 出力…利用する目的に合わせて編集結果を出力。

Flash

動画やアニメーションなどを再生させるのに使われる技術がFlashです。
HTMLやCSSでは表現できない斬新な表現ができるのは、ActionScript(アクションスクリプト)と呼ばれる言語を使って複雑な処理ができるため。
ゲームを作るのにも使用されている技術です。

FlashというとアメリカのAdobe社の技術と思いますが、フリーソフトなどもあり、Adobe製品を購入しなくてもFlashが作れるようになっています。

このように画像やイラスト、映像を用いてホームページを作成する場合は、ソフトが必要になります。
あまりにも様々な機能が付いたソフトの場合、かえって分かりにくい場合もありますので、ほどほどの機能のものを選ぶといいでしょう。